映画「ブルーサーマル」

「サーマル?なにそれ?」というのが普通の人の反応であろう。
まあ、それだけマイナーな単語だということは否定しない。

 しかし、私のように学生時代グライダーに乗っていた人間にとっては、「サーマル」という言葉を聞くと、何所までも遠く広がる空と、空を滑るように飛行するグライダーを一瞬で思い浮かべるはずだ。

 簡単に言えば、サーマルとは上昇気流のことである。トンビが羽ばたかずにどんどん上昇していくのを見たことがある人も多いと思うが、風は横に吹くだけではなく、縦(上下)にも吹くのである。トンビはその上昇気流の中を旋回するだけで上に向かって吹く風により、どんどん上昇できるのである。

 エンジンのないピュアグライダーが長時間飛べるのも、トンビと同じ理屈である。サーマルを見つけ、その中で旋回することにより高度を稼ぎ、その高度を利用して目的地へと飛行する。私が京大グライダー部在籍中に、関宿滑空場で練習に使用していたASK-13は、1m高度を失う際に28m前進することが出来る(最良滑空比で)。だから、理屈上は100m高度があれば、2800m前進できることになる。

 もちろん飛行する以上は、高度をどんどん失っていくので、目的地に向かう途中で高度が足りなくならないように、サーマルを捉えて高度を稼ぐ必要がある。
 しかし、風が目に見えないのと同じく、サーマルは目に見えない

 周囲の状況(地形・雲の状況・場合によればトンビの状況も含む)やグライダーに伝わる気流の状況(サーマルでは本当に縦に風が吹いているので、例えば飛行中に左翼側が持ち上げられた場合は、左側にサーマルが存在する可能性が高い。)により、目に見えないサーマルをいかに捕まえ、目的地に向かえるかが、グライダーパイロットの腕の見せどころ、というわけである。

 そのようなマイナースポーツを映画化したのが、この映画「ブルーサーマル」である。
 原作漫画を書いた小沢かなさんは、法政大学航空部の出身であるとのことで、この映画の中でも、かなり現実に近い大学での航空部ライフが描かれていると言ってもよい。とはいえ、部活におけるしんどいことや面倒くさいこと等については、相当割愛されているのは、ドキュメントではないので仕方がないところだろう。
 

 そうは言っても、空の美しさ、グライダーから見た、飛行中の他のグライダーの美しさ(太陽の光を翼で弾く様など)は、実によく再現されていた。映画の中で使用されていた練習用複座機ASK-13、ASK-21は、いずれも私が30年以上前に京大グライダー部で乗っていた機体でもあり、とても懐かしい思いが蘇るとともに、両機が未だに現役であることに驚いた。よほど基本設計が素晴らしかったのだろう。

 ウインチ曳航により発進した際に稼いだ高度がちょっと高めだよな~と感じたり、飛行中のバリオメーター(瞬間的な上昇・降下率を操縦士に知らせるための航空機用計器)の動きについ目が行ってしまったり、朝比奈氏の部屋にある模型にブラニックらしき機体があるなあ~等と感じたのは、航空部(京大の場合はグライダー部)経験者としてのサガなのだろう。

 ストーリーについては、ちょっと引っかかる場面もあったが、とにかく真っ直ぐな主人公が気持ち良い

 映画を通して、ああ、私も、この子のように真っ直ぐだった時期があったよなぁ~という思いとともに、機会があれば、また何所までも遠く広がる空に踏み出してみたいな、という気持ちにしてもらえた。

 グライダーを知らなくても、十分楽しく、子供の頃、きっと誰もが感じた空への憧れを呼び覚ましてくれる映画である。


 是非お薦めする。

公式HP https://blue-thermal.jp/
3月4日より公開中

映画 「JUNK HEAD」~堀貴秀監督作品

実は、昨年の春、私はこの映画を2度映画館で見ている。

私にとっては、相当面白い作品だった。

人形を少しずつ動かしてコマ撮りで撮影し、アニメーションとして作られた作品である。

人形の動きは実になめらかで、それだけでも見る価値がある。

アフレコはもう少しなんとかして欲しかったが、字幕なので気にしなければどうということはない。

特に地底空間の壮大な表現は、映画館で見ていて息をのむ美しさであった。

堀監督の本業は確か内装業だったと記憶している。たった1人で作り始め、7年もの歳月を掛けて完成させたそうだ。

公式サイトもあるので是非予告編だけでも御覧頂きたい。

映画『JUNK HEAD』 公式サイト (gaga.ne.jp)

確か、昨年の春の公開時には、ミニシアター中心であったが、熱狂的ファンを獲得したようで、京都ではパンフレットは品切れ、大津の映画館で購入しなければならなかった。その後も、ファンの要望によりパンフレットが増刷・通販されたはずだ。

DVD等も欲しかったが、まだ発売されていないのではないだろうか。

この作品は、3部作の第Ⅰ章という位置づけだそうで、続編が期待されている

私としては、機会があるのなら、やはり映画館で見て頂きたいと思うが、最近アマゾンプライムで公開されており、鑑賞のチャンスといえる。

是非、一度鑑賞されることをお勧めする作品である。

PROGRESS~瀬戸優 ペン画集

私が、彫刻家の瀬戸優さんを支援していることは以前ブログに書いたと思う。

現時点で当事務所入り口には、瀬戸さんの彫刻作品が3点とペン画1点が展示されている。

水源-紀州犬

水源-紀州犬2

polaris-コウテイペンギン

の彫刻作品三点と、

ペン画のホッキョクグマである。

この度、瀬戸優さんがペン画集を発売した。

PROGRESS (瀬戸優 ペン画集 Collection of drawings by Yu Seto) | 瀬戸 優, 小山幸彦 |本 | 通販 | Amazon

3月末頃に予約し、本日届いた。

瀬戸さんの作品の魅力は、やはり彫刻なのだという私の意見は変わらないが、それでも、このペン画に描かれた動物たちの生き生きとした表情は、多くのファンを魅了するだろうと思われる。特にオオカミや、フクロウの描写は何度見ても素晴らしい。

私が以前購入させて頂いた、ホッキョクグマ(2017)のペン画や、クロッキー3点もこの画集に含まれていて、なんだかとても得した気分になっている。(事務所にお出での際はお申し出頂ければお見せします・・・・笑)

なお、このPROGRESSには、瀬戸さんの彫刻制作に関する記述も含まれているし、彫刻の写真も載せられているので、お得感は高いと思う。

是非、手に取って頂いて、見て頂きたい画集である。

映画「つみきのいえ」~加藤久仁生監督

 1人の老人が、穏やかに暮らしていた。但し、その世界では、水が次第に満ちてくる。老人は、住んでいる部屋が水に浸かりそうになると、上の階を継ぎ足して、しのいでいる。ある日、老人はお気に入りのパイプを水の中に落としてしまう。そのパイプを拾いに潜水服で潜った老人が見たものは・・・・・。

 世界でも数々の賞を取った作品ですので、今さらという人もおられるでしょう。

 わずか十数分の短編アニメーションですが、込められたメッセージは深く広いものだと思います。

 自分の住んでいる世界は、老いるにつれ否応なく狭くなっていく。しかしその世界の奥底には、静かな想い出の世界が広がっている。その世界は、次第に、極めてゆっくりと色あせるかもしれないが、決して失われるものではなく、ずっとそこに在り続けている。そしてそれらは、人が生きていく上でなくてはならないものなのだ。これまで、老人がその人生で積み上げてきては、水に沈んでしまった積み木の家のように。

 ただ、何らかのきっかけがないと、その世界に分け入ることを人は思いつけないのかもしれない。普段の生活で想い出を忘れてしまっているように。

 しかし、きっかけを見つけることは難しいことではない。どんな些細なことであっても、そこから想いをたぐっていく気持ちさえあれば、誰でもその世界に帰ることは出来る。その世界は、もう戻ることが出来ないが故に美しい。

 けれども、その美しい世界にずっと止まることは許されない。潜水服の空気が次第になくなるように、いずれ現実に戻り、そこで生きて行かなければならないのが、人の世の常なのだ。そのような悲しい定めを人は持ちながらも、これまでの想い出に触れることは、人生を豊かにしてくれるものなのだ。ラストシーンの老人のように。

 他にも様々な思いを心に呼び覚ましてくれる映画だと思います。ナレーションなしのバージョンの方が心に響くように感じられますのでお勧めです。

連続人形活劇 新・三銃士

 ひとーつ、人の世生き血をすすり、

 ふたーつ、不埒な悪行三昧、

 みーっつ、醜い浮世の鬼を退治てくれよう・・・・・・・

 と来れば、だれだって、その続きは「桃太郎!」という決め台詞。

 そして般若の面をさっと外す高橋英樹さん演じる「桃太郎侍」登場!!・・・・・と思いますよね。

 ところがその番組で流れた続きの台詞は、「ポルトス、早く手紙をもって逃げろ」でした。

 このパロディを行った番組は、NHKで毎週放映されている「連続人形活劇新・三銃士」。おいおい、NHKがそんな民放ネタのパロディやって良いの?と思うかもしれませんが、実際に(しかも人形が)やってます。

 それだけではありません。その話の中では、ミレディが登場する場面では、「ラ・セーヌの星」の主人公のような仮面をつけて登場するし、遊んでます。間違いなくスタッフみんなが楽しんでお話をつくっているはずです。

 おそらく、三谷幸喜さんの脚色に依るところが大きいのでしょう。

 誰でも知っている三銃士のお話ですが、登場人物の台詞がそれぞれよくできていて、毎回自然に楽しめます。また、私のような中年が見ても、所々にパロディや、にんまりさせる台詞が散りばめられ、声優さんの熱演もあって、実に楽しく飽きません。パロディも分かる人だけ分かって貰えばいいという潔さで組み込まれており、意外な演出であっても決して過剰な演出や、押しつけがましい演出にはなっていないように思われます。三谷幸喜さんの才能を改めて実感させられる番組です。

 確か以前にNHK教育テレビで放映されており、一度最終回まで放映が終わったのではないかと思うのですが、現在関西地区では毎週日曜日、午前8:10~から放送されています。

 6月27日には、第13話が放映されていますが、HPであらすじも読めます。今からでも遅くはないので、ストーリーを追いかけて、ご家族でご覧になるのも楽しいかと思います。