弁護士数の増加と増加率

 先日、私の所属している大阪弁護士会の委員会で、ある委員の先生が作成された資料を頂いた。そこには興味深いデータが掲載されていたので、いくつかご紹介したいと思う。

 まず弁護士の増加数である。
 平成16年12月31日時点での弁護士数は21174名。
 平成26年4月1日時点での弁護士数は35109名。
 9年と4ヶ月で13935名(165.8%)増えている。
 裁判所データブックによると、平成2年の弁護士総数が14173名なので、平成2年から弁護士数は、ほぼ2.5倍に増えたと言える。

 次にどこの弁護士が増加したかについてである。
 平成16年からの弁護士増加率を算出したデータによると、ここ9年4ヶ月の増加率上位は次の都道府県となる。
 ① 青森  地裁管内  268.2%
 ② 松江  地裁管内  246.4%
 ③ 大津  地裁管内  245.6%
 ④ 鳥取  地裁管内  242.9%
 ⑤ 水戸  地裁管内  234.9%
 ⑥ 佐賀  地裁管内  215.9%
 ⑦ 福井  地裁管内  215.2%
 ⑧ 長崎  地裁管内  212.2%
 ⑨ 千葉  地裁管内  210.3%
 ⑩ 旭川  地裁管内  209.1%
 ⑪ 津   地裁管内  207.2%
 ⑫ 鹿児島 地裁管内  205.6%
 ⑬ 宮崎  地裁管内  205.0%
 ⑭ さいたま地裁管内  204.2%
 ⑮ 釧路  地裁管内  200.0%

 逆に増加率が,全国平均(165.8%)以下の都道府県は次の通り。
 ① 那覇  地裁管内  134.2%
 ② 大阪  地裁管内  142.6%
 ③ 秋田  地裁管内  150.0%
 ④ 高知  地裁管内  158.2%
 ⑤ 東京  地裁管内  158.6%
 ⑥ 奈良  地裁管内  163.5%
 ⑦ 山形  地裁管内  163.6%
 ⑧ 函館  地裁管内  165.5%

次回から、地裁ワ号事件新受件数の推移についてご報告する予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です