任意開示証拠

 某刑事事件で、検察官から任意開示の証拠を受け取ったのだけれど、特殊なブルーレイに100GBの容量で入っているようで、事務所のサーバにアップしようとしたら警告が出てしまい、できなかった。

 変わったソフトで開くようで、現在、第10世代のインテルi7、1.8ギガのCPUの入ったノートパソコンで開こうとしているのだが、2時間経ってもまだ開ける様子がない。

 仮に開けたとしても、100ギガバイトの資料・・・・って、ちょっと気が遠くなりそうだ。

 果たしてどうなることやら。

ミュンヘン郊外、ダッハウ駅(近くにダッハウ強制収容所跡がある)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です