ベテルギウスが超新星爆発?

 冬の大星座である、オリオン座の一等星ベテルギウス(和名:「平家星」)が超新星爆発を起こすのではないかという兆候が現れているらしい、という情報がNASAなどから出ていると聞いた。

 少し星座をお好きな方ならよくご存じだと思うが、ベテルギウスはオリオン座の左肩に見えるオレンジ色の一等星だ。

 私が、冬の大三角形を探す際には、まずオリオン座を探し、その左肩のベテルギウスを見つける。次に、オリオン座の三ツ星ベルトを下に伸ばした方向に青白く輝くシリウスが見つかるはずだ。そしてベテルギウスとシリウスの間に垂直二等分線を左側引いていけば、もう一つの一等星プロキオンが見つかる。こうして冬の夜空に大きな三角形がみつかるのだ。

 その、冬の大三角形を形作る一等星のひとつ、ベテルギウスが星としての寿命を迎え、少なくとも宇宙的規模で見て近いうちに超新星爆発を起こす可能性があるのだそうだ。確か、640光年くらい離れているので、今、私達が目にする光は、640年ほど前のものである。もうすでに超新星爆発が起こっていて、現実のベテルギウスは赤く輝いていない可能性もある。

 その際に、様々な宇宙線などが放射されて、地球に甚大な影響を及ぼす可能性を指摘する科学者もいるそうだ。早ければ2012年中にも超新星爆発が見られると考える科学者もいる。

 ナショナルジオグラフィックTVでも放映されていたが、古代において高度な天文学知識を有していたマヤ文明の暦の一つである長期暦が2012年12月21~23日頃一つの区切りを迎えることから、2012年人類終末の予言であるという人もいるらしく、それと併せて地球滅亡を唱える人もいるそうだ。

 人類が本当に滅亡する程の天災なら、どうあがいても防ぐ手立てはないだろうし、まず見られない天文ショーであることは間違いないはずだから、どうせならこの目で見てみたいと思う。

 なお、超新星爆発は平安時代の書物にも記載されているものがある。カニ星雲の超新星爆発だ。だからといって人類が平安時代で滅亡したわけではないので、大事はないと思うのだが、もし超新星爆発が起きて、オリオン座の左肩がなくなったら、冬の大三角形もなくなっちゃうし、ちょっと残念だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です