弁護士業務実態報告書2020から~8

☆隣接士業等資格保有者との関係(無回答を除く)

~弁護士はどの士業と協力関係を多く持っているか?

(1)外国法事務弁護士
・紹介、被紹介実績あり       2.0%
・紹介可能、被紹介可能者がいる    7.2%
・いない             80.1%

(2)外国弁護士
・紹介、被紹介実績あり       3.3%
・紹介可能、被紹介可能者がいる    5.5%
・いない             80.6%

(3)弁理士
・紹介、被紹介実績あり       6.1%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   17.6%
・いない             66.3%

(4)税理士
・紹介、被紹介実績あり      38.7%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   31.5%
・いない             25.6%

(5)公認会計士
・紹介、被紹介実績あり      12.6%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   29.8%
・いない             48.5%

(6)司法書士
・紹介、被紹介実績あり      38.8%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   30.5%
・いない             25.6%

(7)行政書士
・紹介、被紹介実績あり      14.5%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   24.9%
・いない             51.3%

(8)社会保険労務士
・紹介、被紹介実績あり      12.0%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   28.2%
・いない             50.6%

(9)不動産鑑定士
・紹介、被紹介実績あり       5.8%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   24.2%
・いない             60.9%

(10)土地家屋調査士
・紹介、被紹介実績あり       7.0%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   24.7%
・いない             59.5%

(11)中小企業診断士
・紹介、被紹介実績あり       1.8%
・紹介可能、被紹介可能者がいる    9.8%
・いない             78.1%

(12)社会福祉士
・紹介、被紹介実績あり       5.9%
・紹介可能、被紹介可能者がいる   12.7%
・いない             71.5%

※業務(仕事)を紹介したり紹介されたりする実績ありと回答された士業は、税理士及び司法書士が高い割合を占めている。また業務紹介も紹介されることも可能な人がいる割合も税理士・司法書士が高い割合を示している。

※相続に関連する相続税の問題や、不動産に関連して登記の問題が不可避となる場合もあることから、税理士、司法書士の知り合いを開拓しておくことは弁護士としても有益であると思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です