一枚の写真から~17

テカポ湖畔にあるバウンダリー犬の銅像

善き羊飼いの教会からすぐ近くの道路脇の岩の上に、バウンダリー犬の銅像がある。

バウンダリー犬とは、開拓時代に境界を守っていた牧羊犬だと聞いた記憶がある。

彼が見つめる、テカポ湖畔の秋の夕空は、ただ、ひたすらに澄み渡っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です