一枚の写真から~5

ストックホルム郊外の宿に宿泊し、早朝散歩のときに撮影。

上下が反転しているのではないかと思われるかもしれないが、これで上下は正しい。

つまり、湖面に映った対岸の景色を被写体にしたのでこうなっている。

実際には湖面に映った景色に印象派の絵画っぽい感じが出ていて、興味深かったのだが、そのときの私の受けた印象まで切り取れているかと問われると、微妙なところか。

中秋の早朝でひんやりしていたが、湖畔の道では、ジョギングをする人、犬の散歩をしている人等が、かなり多かった記憶がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です