某国での問題

以下の文章を読んで、某国のとるべき手段を述べなさい。

 某国の話である。

 これまで某国では、国家にとって極めて重大な製品Hについて、検査合格率2~3%という厳しい検査を行い検査に通過した高品質の製品Sを民間から買い上げ、さらに国家がその製品に費用をかけて製品Hとして完成させ必要に応じて国内司法部門で使用していた。

 ところが、これまで、その製品Sを作ることに失敗してきたD社が、子会社LS社を設立して猛然と売り込みにやってきた。

 LS社のうたい文句はこうだ。

「LS社は厳しく品質管理をしますから、お金はかかるかもしれませんが、今まで以上に絶対良い品質の製品Sを納入します。うちの工場でも品質保証できないところはきちんと淘汰します。製品Sから製品Hまでの過程についても半分ほど進めておきます。ですから製品Sの製作はうちに任せて下さい。」

 このようにLS社は言うし、D社の社員である学者達は自分の利権から、また、なんにも知らないマスコミも面白がってそれを後押ししたので、某国司法部門にとって極めて大事な製品Hの元になる製品Sについて、某国では税金を投じてLS社に製作を任せてみることになった。某国としては、本当にLS社の言うとおり高品質な製品Sが作れるのなら、某国司法部門の需要に応じる形であれば、製品Sのうち7割程度は検査に合格させても良いかなと考えていた。

 ところが、受注が決まったとたんLS社は製作工場をバカみたいに多数設立し、某国司法部門が必要とする製品H以上の製品Sを製作する体制を整え、大量生産に乗り出した。その結果、某国の投入する税金も高額に上ることになった。

 さて、製品Sが出来上がったというので、某国がいつも通りの基準でLS社の製作した製品Sを検査してみたところ、高品質の製品Sを作ると言っていたはずなのに、実際には検査レベルを限界まで落としても2~3割程度しか合格品はなく、今まで以上に質の悪い製品Sも多く含まれていた。また工場にも優劣が明らかにあるにもかかわらず不良品ばかり作る工場についても一向に淘汰する気配がないし、製品Sから製品Hまでの過程も半分ほど進めておくと言いながら、全く実現していない。

 某国が、LS社に対して、おかしいじゃないかと文句を言って改善を求めたところ、現在対応を協議中ですとか、各工場で製作する製品Sの数を若干減らして対応するから大丈夫というばかりで、らちがあかない。

 LS社の各地の工場にも問い合わせしてみたところ、製作担当者の話しだが、「実際に国に対して出荷できる出来る水準をクリアーしているといってもよい製品Sは、ひいき目に見て、うちで作る製品Sのうち良くできた方から3分の1くらいまでです。しかし、お金をかけて作っているので、出荷時検査で不良品と分かっていてもLS社の経営戦略上、水準以下の製品Sをはねることが出来ないのです。」との答えが返ってきた。確かに某国は、LS社に全ての製品Sの製作を依頼しているため、検査に合格しない製品Sに対する製作代金まで一部負担している。

 何度も改善を求められ、挙げ句の果てには、不良品を多く製作しているくせに逆ギレしたLS社は、自ら約束を反故にしたことは棚に上げ、

「検査でうちの製品Sを多くを合格させないと国際競争で負けるぞ、それでいいのか。当初の予定通り検査では7割ほど合格させるのがスジじゃないのか。検査での合格率を上げないとLS社としても良い材料が手に入らなくなるぞ、それでもいいのか。それよりも、今までの検査が厳しすぎるのが問題だ。うちの商品に合わせた検査に変えるべきだ。製品Sから製品Hまでの過程を半分ほど進めておくといった覚えはない。」と開き直ってきた。

 某国はどう対応するべきであろうか。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です