明日から新司法試験

 明日から、新司法試験が始まる。

 いろいろな事情をかかえた人もいるだろう。大変な方も多いはずだ。しかし、試験自体はみんな大変なんだ。問題を見て、「しまった!もっとやっておけば!」とか、「あ~、全然わからんわ!」となる場合もあるだろう。しかし一部の天才的な受験生を除けば、ほぼみんながそう思っていると考えて間違いない。素知らぬ顔で答案を書いていても、心中不安がいっぱいなのが、ほとんどの受験生だ。

 そうだとすれば、心理的に負けたら損だ。だってみんな、困っているんだから。心理的に、負けなければ活路は開ける可能性がある。

 試験で表現できた実力は、公平に判断してもらえる。とにかく自分の実力を表現することに徹するべきだ。

 実力以上に飾ってみても、見る人が見ればすぐ分かる。万一、それで合格しても、2回試験で落ちるかもしれないし、実務家になってから過誤を起こすかもしれない。それなら、今の実力で堂々と勝負すべきなんだ。

 問題から逃げず、謙虚に問題に立ち向かい、全力を尽くして解答することだ。ツイッターにも書いたが、論文試験で困ったら、まず「問題で問われていることは何か」、「与えられている情報は何か」、「関連する条文は何か」、「当事者だったらどう考えるか(何を求めるか)」、等に整理してとっかかりを探してみるのも一つだ。特に思考が堂々巡りしてしまった場合は、答案構成用紙に箇条書きにして書き出してみれば、何か思いつくはずだ。

 4月後半から、司法試験に関して、ツイッターで心構えなどをつぶやいていたら、どうも、受験生の方のフォローが増えたようだ。せっかくフォローして下さった方々、是非頑張って下さい。

 最後まで絶対にあきらめないこと。万策尽きたと思っても、あきらめないという手段があると無理にでも思い込んで、最後まで戦い抜くことが大事だと思う。

もちろん予備試験を受験される方も、心構えはおんなじだ。

 受験生の皆さんの健闘を祈ってやまない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です