不合格になっちゃう夢

 私がツイッターでフォローしている、chokudai2002先生が、未だに司法試験に落ちる夢を見るとつぶやいておられました。

 私もリツイートしました。弁護士になって10年以上経過し、かなり頻度は少なくなりましたが、未だに司法試験に落ちる夢をまれに見ることがあります。

 必死で答案用紙埋めて、何度も見直ししているうちに終了の鐘(当時はハンドベルのでっかいような奴でから~んから~んと合図を鳴らしていました。)がなって、答案回収されるときに、はじめて裏にも解答欄があることに気付きます。

 当然のことながら、裏は真っ白です。だってそんなところに回答欄があるなんて誰も教えてくれてない!

 その真っ白な答案用紙の裏を見つめ、真っ青な顔しながら、「うあ~~~!!今年もダメかぁぁあああああああああ!」・・・・・→「ムンクの叫びっ!!」てなります。

 大体その辺りで目が覚めて、ああ、もう合格したんや、今、弁護士やってるんや、と寝床の上で自分に言い聞かせて正気に戻ります。

 夢って、見ている間は本当にリアルだから、そこでの焦り具合も半端じゃない。

 結構当時はそんな話、あちこちで聞いたんですが、今の受験生の方はどうなんでしょうねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です