兵庫県弁護士会市民シンポジウム~ご報告

 先週土曜日、兵庫県弁護士会で開催された、法曹人口問題に関する市民シンポジウムに参加してきました。

 先だってのブログに書いたとおり、私は基調講演と、パネルディスカッションのパネラーを兼務させて頂きました。

 基調講演の方は、市民の皆様にお伝えしたいことが多すぎて、最後の方は相当「はしょった」形になり、ご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫び申しあげます。

 パネルディスカッションに参加された方々は、河下真也氏(読売新聞記者)、橋詰栄恵氏(阪神クレジット・サラ金被害者の会、通称「尼崎あすひらく会」副会長)、木挽司氏(前衆議院議員、伊丹商工会議所青年部相談役)、古坂良文氏(弁護士:五島列島公設事務所)、そして私でした。

 その合間に、国会議員として、井戸まさえ議員、赤松正雄議員、冬柴鐵三元議員が実際に来られて発言をされていました。

 質問用紙を配布して会場からの質問を受け付けるだけではなく、終了予定時間も延長して、実際に会場からのご発言も頂戴するなど、かなり熱のこもったシンポジウムになったように思われます。惜しむらくは、増員路線賛成派の弁護士の方の参加が見当たらなかったことです。これについては、実行本部の方で相当弁護士の方にお声をかけられ、武本先生ご自身も日弁連法曹人口政策会議でチラシを配るなどして、お呼びしようとしたのですが、なぜか皆様、この日のこの時間だけは都合が悪い方ばかりで、ご参加頂けなかったようです。

 兵庫県弁護士会の担当の方々、本当にお疲れ様でした。さらに詳しいシンポジウムの内容については、弁護士武本夕香子先生のブログをご参照下さい(下記URL参照)。

http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20110227120622

 その後の懇親会にも出ましたが、司法修習生達の就職戦線についてお聞きし、問題はますます深刻化しつつあることを再認識致しました。

 やはり、多くの方の前でお話しするということで、緊張していたのでしょうね。自宅に帰ると、物凄い肩こりになっていました(笑)。

 開催された兵庫県弁護士会の皆様、非常に意義のあるシンポジウムの開催、大変お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です