法科大学院は廃止すべきか?

 法務省のHPに、第34回司法試験管理委員会ヒアリングの概要が、掲載されていたので読んでみました。
 

 内容としては新司法試験の合格者と、旧司法試験の合格者をどのように割り振るかという話がメインのようでした。

 その中で指摘されていたのが、最初の法科大学院卒業後の新司法試験合格者である新60期の修習生について、「ビジネスロイヤー(簡単に言えば金儲け)志向が強い」「実体法(民法・刑法の基本)の理解が不足している」という従前から指摘されている問題点でした。

この指摘だけでも法科大学院制度の失敗は明らかでしょう。社会の多様かつ優秀な人材を含めて、優秀な法律家を多数輩出することを目的とした法科大学院制度の導入により、従前の制度より金儲け志向の強い、質の低下した法曹が多数生まれようとしているのですから。

 つまり法科大学院制度を推進した大学法学部の教授の多数は、自分たちなら優秀な法曹を養成できるはずだ、と実際には教育する実力もないのに過信していただけということになります。

 更に致命的なのは、法科大学院志願者が減少していることです。多数の志願者が競争すればするだけ、優秀な合格者が生じる可能性が高くなります。全国大会1位~10位の選手のチームと、町村単位で1位~10位の選手のチームを比較した際に、どちらが優秀かは考えるまでもないでしょう。法科大学院経由での最初の合格者で最も優秀とされる新60期の、司法修習生ですら基本的知識に欠けるものが多いと指摘されているばかりか、現在では法科大学院志願者は減少しているのです。法科大学院は優秀な法律家の卵すら集められない状況になりつつあります。

 この点、法科大学院側の認識は新司法試験の合格率が高くないため、志願者が減少しているのだから、合格者を増加させれば良いというもののようであり、全く現実を見ていない脳天気な認識といわざるを得ません。

 社会人が職をなげうって家庭を犠牲にしてまでも法律家を目指す場合には、法律家になれば一定の安定した収入が見込めなければ、なかなか踏み切れないでしょう。安定した職を失ってまで、家族を将来的に経済危機に陥らせる危険がある職業に転職したいと誰が思うでしょうか。優秀な法律家を広く求めたいのであれば、法律家(特に合格者の大多数がなるであろう弁護士)が魅力のある仕事でなければなりません。

 はたして、合格者を激増させ、就職困難を招いている弁護士の現状が魅力のある状況とは到底言えないでしょう。さらに合格者を増加させて生活困難な法律家を産み出してしまえば、もはや優秀な人材が法律家を目指すことをやめてしまうでしょう。合格者数は真に法律家の需要を見定めて決定すれば足りるはずでしょう。

 法科大学院は直ちに、制度的失敗と自らの能力不足を認めて、廃止すべきです。

 知人の某有名大学の法科大学院講師(弁護士)に事情を聞いても、学生のレベルはがた落ちで、ごく一部の優秀な学生を除いて到底法律家にすべきではないレベルだとのことでした。早急に改めないと取り返しのつかない事態になるかも知れません。

弁護士バッジの色について

 私は時々、中学校に弁護士の仕事の実態や弁護士になるにはどのような試験があるのかなどについて、講演に行きます。

 そこで、よく生徒さんから「弁護士バッジを見せて!さわらせて!(ちょうだい!)」等とよく言われます。そこで、なくさないように注意するよう言って、触らせてあげるのですが、感想としては「思ったより重い。」「テレビで見た奴より厚いんだ。」というものが多いようです。

 ちなみに、皆さんご存じでしょうが、弁護士バッジはヒマワリをかたどっており、中心部分に公平を示す天秤がデザインされています。裏には「日本弁護士連合会会員証」という文字と、弁護士登録番号が刻印されています。登録番号の刻印の下にものすごい小さな字で「純銀」「造幣局製」という文字も刻印されています。確か、このバッジは日弁連から各弁護士が貸与を受けているもので、紛失などをすると始末書を書かされてしまうと聞いています(悪用されると危険ですからね)。

 上で述べたように、普通の弁護士のバッジは純銀製ですが、金メッキがされているため金色に見えます。ところがこの金メッキはだんだんはげてくるので、年季の入った弁護士バッジは鈍い銀色になっていることが多いのです。それに対して若手のバッジは金メッキがはげておらずまぶしい金色ということが多いのです。

 バッジが金色か銀色かは、ベテラン弁護士かどうかを見分ける一つの基準になります。

 ところが、この基準には例外もあります。弁護士に成り立てのホヤホヤでも、クライアントになめられないようにわざと金メッキを落とす人がいるのです。ある人によると、小銭入れに入れて持ち歩けばメッキが早く落ちるとか、洗濯機で洗濯物と一緒に洗濯しちまうとメッキが良くはげるなど諸説あるそうです。ですから、鈍い銀色のバッジをしているからといって必ずしもベテラン弁護士とは限らないのです。

 それとは逆に、お金持ちの弁護士さんは18金の弁護士バッジを申請して貸与を受けている場合もあります。18金ですから、メッキがはげるということはなくいつまでたっても金ぴかです。だから、金ぴかの弁護士バッジでもベテラン弁護士ということはあり得るのです。

 そうはいっても、大体の弁護士はわざとメッキをはがしたり、わざわざ18金のバッジを申請したりする人は少ないと思います。ですから、テレビドラマなどでベテラン弁護士役の役者さんが、金ぴかの弁護士バッジを付けていたりすると、なんだか違和感を感じたりします。

 注意してみてみると面白いかも知れませんね。

京大答練

 私が司法試験を受験していた頃に、京大の司法研究会というところが主催していた答案練習会があり、通称「京大答練(きょうだいとうれん)」と言われていました。

 教授や司法試験合格者が出題する論文試験問題を、解答する練習会で、模擬試験のようなものと考えて頂ければ良いかと思います。但し、単に答案を作成して採点してもらうだけではなく、合格者がチューターとなって答案の検討会をしてくれるというのが、最大のメリットでした。答案の検討会では添削だけでは理解しにくい答案作成のノウハウや、合格者の視点から見た自分の答案の欠点が指摘され、また他人の答案も見せてもらえるなど、とても役に立ったことを覚えています。

 現在では法律家への道は、法科大学院が主流となりつつありますので、今でも京大答練が残っているのかはちょっと分かりません。しかし、合格者に教えてもらい、自分が合格すればそのノウハウを頑張っている受験生に伝えるという、良き伝統のようなものが当時の京大答練にはありました。

 私も合格後、他の2名の合格者の方と半年ほど検討会のチューターをしましたが、そこの検討会で頑張っていた方は、途中で就職された方を除いて、全員が合格し、法律家になりました。

 先日最後に合格された方が、2回試験に合格されたので、少し京大答練のことを懐かしく思い出しました。

 私は京大答練の他、「ニワコでドン」という変わった名前の勉強会にも参加させて頂いていたのですが、そのお話は、また後日紹介させて頂きます。

60期司法修習生考試(2回試験) 71人不合格

 今朝の新聞に、司法修習生考試(2回試験)の結果が出ていました。不合格者71名で合格率95.2%ということでした。

 昨年の59期司法修習生がほぼ同数の修習生が受験をしながら107名の合格留保者が出たことと比較すると、よく頑張ったというべきかもしれません。しかし、きつい言い方をすれば、それだけ危機感を持って頑張っても、やはりこれだけ不合格になってしまうのかとも言えます。

 一発試験なので、体調の不良やその他の原因も関係しますから、2回試験の結果だけから即断することは避けなければなりませんが、やはり合格者を増加させた結果、上位陣はともかく、下位の者の質が低下したことの、一徴表だと見ることは可能でしょう。私自身も受験生時代、司法試験で1500番程度には結構早い時期に到達しましたが、そこから上位に上がるのが大変だった記憶があります。もしその頃に1500番くらいで合格していたら、何も分かっていないまま2回試験を受験していたかも知れず、まかり間違って弁護士になってしまっていたらどうなっていたかと少し怖さを感じます。

 昨年までの合格留保制度(不合格の科目だけ追試を受けられる制度)がなくなりましたので、不合格者の方は、次回の司法修習生考試を受験して全科目で合格しなければなりません。ただ、わずかに救いなのは次回の司法修習生考試が、新60期向けに11~12月頃開催されるので、丸々一年間浪人する必要がない点です。負担は大きいかも知れませんが、試験である以上、運が左右する面もあり、実力が発揮できなかった方としてはラッキーと言うべきでしょう。合格できなかった方は大変でしょうが、あと少しです。頑張って法律家への扉を開いて下さい。

「死の島」 アルノルト・ベックリン

 何とか司法試験に合格した後、司法研修所での司法修習が開始される前に、私はヨーロッパへ旅行することが出来ました。

 その旅行は、アルノルト・ベックリンの「死の島」という絵を見ることが最大の目的でした。実は、中高生の頃に福永武彦という作家にはまっており、彼の長編小説に「死の島」というものがあり、そこでベックリンの「死の島」という絵の存在を知ったのです。

 現存する、ベックリンの「死の島」のうち見ることができるものは、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ドイツのベルリン美術館、ライプチヒ美術館、スイスのバーゼル美術館が所蔵する合計4枚であったと思います。そのうちの3枚がヨーロッパにあるので、その3枚とも見てやろうと思ったわけです。

 ドイツ統一からそんなに時間が経っておらず、東ドイツ時代を彷彿させるライプチヒ美術館で見た「死の島」が最も私の気に入ったもので、強く印象に残っています。司法研修所に入ってからも、寮の部屋に「死の島」のポスターを貼っていたりしたので、クラスのNさんから「坂野君は宗教画を飾っている」といわれた記憶があります。

 ちなみに、「死の島」について私は宗教画だとは思っておりませんが、暗い感じの絵であることは否定できないかもしれません。なんと言っても、棺を乗せた小舟が糸杉の立つ小さな島(墓所?)へと近づいていく絵なのですから。しかしその神秘的かつ幻想的な絵からは、人間が五感で感じられる静けさとは異なる静謐な世界が感じられる気がするのです。

 ベックリンについてはウィキペディアをご覧になれば分かりますし、そのページに『 「死の島」1883年ベルリン美術館』と書かれている画像がありますから、どのような絵かはお分かりになると思います。ただし、今掲載されているウィキペディアの絵はベルリン美術館所蔵の絵ではなく、1886年制作のライプチヒ美術館所蔵の絵ですので、表示に誤りがあると思いますが。

谷川浩司(棋士)

 先日、加藤一二三九段の1000敗の件について、ブログで書きましたが、プロ棋士の中で、私が最も好きで応援している方が、谷川浩司九段です。

 谷川九段は、永世名人資格保持者で、美学や様式を重んじる最後の棋士と言われることもあります。また、控えめな物腰ながら尊敬されるべき人格者であると伝えられており、その華麗な終盤術は「光速の寄せ」と評されます。そのように卓越した力を持ちながら、華麗であるが故の危うさも同居しており、そのギャップが谷川さんの魅力を更に引き立てているような気がします。

 羽生善治現三冠が、将棋界のタイトル(名人・竜王・王将・棋聖・棋王・王位・王座)を全て手中にする七冠王を目前としていたときに、谷川さんが神戸の大震災に遭いながらも、四勝三敗で王将位を死守し、羽生さんの七冠奪取を阻止したことは有名です。翌年羽生さんは、保持していた六冠を全て防衛し、再度谷川さんに挑んで王将位を奪い見事七冠王となるのですが、その頃の無敵を誇った羽生さんに、最後まで抵抗して戦った谷川さんの姿が、非常に印象に残っています。

 その後、無冠に転落するも、羽生さんから、将棋界の2大タイトルと言われる名人・竜王を奪取し、見事な復活を遂げます。

 現在は、また無冠に戻ってしまいましたが、その鮮やかな復活ぶりは素晴らしいものがありました。最近は、ここ一番という場面で勝てない不運もあり、タイトルから遠ざかっているのが残念です。

 今年はこれまで10勝5敗とまずまずの成績であり、今後のご活躍が期待されます。

弁護士の就職難

 本日の朝日新聞に、「弁護士の就職難が深刻」という記事が出ていました。就職できた人でもこれまでの勤務弁護士の初任給に比べて低い給料しか頂けないという人も多いと思います。

 法曹関係者には、ある程度予想されていたとはいえ、やはり司法改革が何のビジョンも持たずに行われてきていることがこの事実だけで明らかになっています。

 これまでマスコミは経済界の言い分を鵜呑みにして、「弁護士が足りない、もっと増員させなければならない」と言い続けてきました。日経新聞を10年ほど前から読んでおられる方であれば、日経新聞がさんざん司法の問題として、人員不足を取り上げていたことを覚えておられるでしょうし、他の一般紙を読まれていた方も、弁護士は足りないものだという先入観を植え付けられていると思います。

 しかし、ほんとうに弁護士が足りないのであれば、どうして、これから弁護士になろうとする人たちが就職難に直面するのでしょう。経済界は、自ら弁護士が必要であると主張しながら、リストラによる人員削減方向へと舵を切り、自らをスリム化していきました。その流れの中で、弁護士を雇用していく企業はさほど増加しませんでした。経営ををスリム化していくのですから、常時弁護士を雇用することを避けるのは企業としても自然な流れです。しかし、経済界は弁護士不足の主張を続け、司法改革を迫りました。おそらく、その根底には、弁護士を増加させ競争させれば自然に弁護士費用が安くなるのではないかという、思惑があったように感じられます。さらに、その状況に便乗したのが大学です。

 経済界が、弁護士の大幅増員のためには、法科大学院を導入するくらい思い切った改革が必要だと提言したところ、大学側は、法科大学院でなければ優秀な法律家を育成できないと言わんばかりに、法科大学院構想を推進し、計画もなく法科大学院を多数認可しまくったあげく、基礎的な知識すら不足している、新司法試験合格者を多数輩出する結果となっています(司法試験管理委員会のヒアリング参照)。

 更に信じがたいことに、法科大学院側は、法科大学院への志願者が減少していることを、合格者を増加させないから志願者が増加しないためだと主張しているようです(司法試験管理委員会のヒアリング参照)。

 果たして、そうでしょうか。従来、認可された少数精鋭の法科大学院できちんと法律を学ばせ、卒業資格を厳格に認定した上で、新司法試験を行い、相当程度の合格率で合格させようとしていたのが、法科大学院構想だったはずです。

 ところが、法科大学院を無計画に多数認可したあげく、卒業認定もきちんと行わず卒業させ、新司法試験を行ったせいで、基礎的な知識すら不十分な司法試験合格者を多数産み出しているのです(卒業認定が厳格に行われていれば、司法研修所教官が「基礎的知識不足の修習生が多い」と嘆くはずがありません)。卒業認定をきちんと行えば、新司法試験の合格率もさほど低くはならないはずです。法科大学院の無計画な多数認可と、厳格な卒業認定を行わなかったという2点が主な理由で、法科大学院構想当初予定の合格率より新司法試験の合格率は大幅に下がることになりました。 その結果、貴重な時間とお金を投じても法律家になれるかどうか分からなくなったため、志願者が激減したのだと思います。

そもそも、法科大学院にはこれまでの司法修習の前期修習終了程度までの力をつけさせることが目的でしたが、司法試験を受けたこともなく、司法修習に行ったことのない教師が法科大学院に多数存在するため、どのレベルまで教育すればいいかも分からずにいるのではないでしょうか。

 また、翻って考えるに、法律家になる魅力というのは、法律を用いて当事者の問題を解決してあげられるという側面の他、これまでは、法律家になれれば、生活の心配をあまりしなくてすむという点も大きかったのではないかと思われます。

 ところが、今後、弁護士を目指す人の生活面はどうなるのか。

 まず、高いお金を支払って法科大学院に進学する必要があります。

 次に法科大学院に進学しても、きちんとした実力をつけてもらえるかは、未知数です。卒業できるかどうかのリスクもあります。

 なんとか卒業しても新司法試験に合格しなければなりません。

 新司法試験に合格しても苦難の道はそれでは終わりません。

 司法修習生の給与が2010年からは支給されなくなり、貸与制になります。また司法修習生はアルバイトが出来ませんので結果的に借金して修習生活を送らねばなりません。

 そして、借金で修習生活を送っても、2回試験(司法修習生考試)に合格しなければ法律家の資格はもらえません。

 仮に2回試験に合格しても、弁護士が余っているのですから、就職が出来ない可能性があります。運良く就職できても、弁護士余りなのですから新人弁護士の給与は、たいして期待できません。更に次から次へと新たな弁護士が激増してくるので、育ててもらう前に使い捨てられるかもしれません。

 弁護士会によって異なりますが、弁護士登録するだけで50~100万程度かかりますし、登録後も弁護士会費が毎月4~5万円かかります。

 こうなってくると、もはやお金持ちしか弁護士になれないし、弁護士としてやっていけないのではないかという疑問すら出てきます。また、法科大学院・司法修習・弁護士登録などの費用を借り入れなければならないとすると、相当額の借金を背負って弁護士生活をスタートしなければならなくなる可能性が大です。そのように借金まみれでスタートする弁護士が、現実問題として社会正義の実現のために奔走できるでしょうか。私は(将来的に経済面で安定すればともかく、そうでない限り)無理だと思います。

 以上の点から、法律家には次第に魅力がなくなっているのだと思います。法科大学院の先生方は合格率さえ高めれば志願者は増加するかのように考えているようですが、全く現実を見ていないと思います。法科大学院を無計画に認可しまくったあげく、卒業認定も満足に出来なかったため新司法試験の合格率が下がった点、 法律家の本来の需要を見誤って経済界の言うままに司法改革を推進した点は、少なくとも完全な失敗だと私は思います。

 このままでは、有望な人材が法律家を目指さなくなり、力量不足の法律家が増加する結果、司法への国民の信頼は、更に失われる危険があります。失われてからでは遅いのです。早急に改革を行う必要があると思います。

1000敗の重み

 私は将棋はヘボですが、棋戦の観戦記事は好きで結構、読んでいます。プロの将棋の内容は理解できないのですが、天才中の天才といわれる棋士達の、対戦している際の息づかい、駆け引き、人物像などが非常に興味深く思われるからです。

 プロ野球観戦が趣味として認められるのであれば、プロ棋戦(将棋のプロである棋士の勝負)観戦記事を読むのが私の趣味の一つとも言えるかもしれません。

 ところで、先日、加藤一二三(かとうひふみ)九段が史上初めて公式戦通算1000敗を記録したという記事を見ました。

 1000回も負けたのだから、弱い棋士ではないかと一般の方は思われるかもしれませんが、全く違います。まず将棋の対局公式戦は、トーナメント形式で上位者を絞り、最終的に優勝者を決定することが多く、必然的に強い棋士ほど、たくさん公式戦を戦うことになります。

 甲子園に出ても1回戦で負けたチームは、1回しか試合が出来ません。しかし、勝ち残れば2回戦、3回戦と試合の数が増えていきます。これと同じ理屈で、1000回負ける程たくさんの公式戦をこなしたということは、超一流の実力者でなければ不可能なことなのです。

 また、将棋の世界では、棋士は対局に負けたと悟ったとき、自ら負けたと認め、相手に対して頭を下げなければなりません(「投了」と言います)。これほどの大天才棋士が、天才同士の戦いにおいて、1000回自らの負けを悟り、相手に頭を下げ、またそこから立ち上がって勝負の世界で戦い続けてきたという重みは、計り知れないものがあると思います。

 ただ、加藤九段の名誉のために申し添えますが、加藤九段は1261回、他の将棋の天才達に頭を下げさせてきております(1261勝をあげています)。 現在も順位戦B2組で勝ち越しており、今後も、将棋界の重鎮として、更にご活躍されることでしょう。

2回試験お疲れ様でした。

 60期司法修習生の皆様、2回試験お疲れ様でした。 不安でしょうが、教わったとおりのことが大体できていれば、さほど心配することはないと思います。合格発表は郵送による方法になったとも聞いたのですが、ちょっと定かではありません。郵送だとプライバシーは保護されますが、万一の場合、友人から何の配慮もなく話しかけられてしまうことも考えられ、今までの方法とどちらがよいかは、分かりませんね。いずれにせよ、答案を提出した時点で修習生の出来ることは終わっています。過度に心配せず、残された期間を有意義に過ごされることを祈っております。

 なお、この間、新60期の修習生と話したところ、「2回試験の合格基準が上がる」とか「少なくとも数百人落とすことが決まっているようだ」などというデマが飛んでいると言うことですが、司法修習終了のための要件として位置づけられ、「実務法曹として、その職務の遂行に必要な能力を有しているかを問う」という司法修習生考試の性格からすれば、何人落とすかを先に決定しているはずもなく、おそらくは、合格基準を可能な限り下げない姿勢を司法修習生考試委員会が見せていそうだという程度の意味なのでしょう。

 ただ、2006年新司法試験の民事系論文問題において、債権譲渡の第3者対抗要件の問題と、債務者への対抗要件の問題を受験生の約3分の2が間違えていたそうです(法務省HP新司法試験考査委員へのヒアリング参照)。私の受験時代でしたら、そのような基本的知識に関する間違いを論文試験で書いた瞬間に、その年の合格はなくなっていたでしょう(いわゆる「さよなら答案」)。また、現在の2回試験でも、上記のような誤りを書けばその科目で落第点がつく可能性は大です。

 新60期を担当された研修所教官からも、実体法の理解が不足しているとの意見が多く寄せられていることから考えると、上位の方はともかく、相当数の新60期の修習生の方は、基本的知識を補充しながら修習生活を送っておられなければ、2回試験は大変だということになるかもしれません。今からでもまだ時間はありますので、不安な方、知識不足を指摘されたことのある方は、基礎的知識の再チェックをそろそろ始めておかれることをお勧めします。 実務においても知識の有無が勝負に直結する場合もあり、決してその勉強は無駄にはなりません。

「ときには星の下で眠る」 片岡義男著

 信州のある秋、よく世話になっていたバイク屋の親父さんの葬儀に高校時代の仲間が集まる。それぞれが、普段の生活では思い出すことのない高校時代の様々な想い出を胸に抱いている。決して止まることがない時間の流れを感じ、次第に色を失い透明になっていく想い出を引き留めるかのように旧交を温め、そしてまた普段の生活へと戻っていく。

 私は、大学時代はバイク乗りでした。京都の免許試験場で、何度も挑戦してようやく中型2輪免許を限定解除し(自慢じゃありませんが、限定解除試験は司法試験より当時は難関と言われていました。)、中古ではありましたがスズキのGSX-1100S(通称刀イレブン)を手に入れ、北海道から九州までユースホステルを利用しながら良くツーリングに出たものです。

 その頃、片岡義男の小説が角川文庫からたくさん出ていました。お読みになればお分かりだと思いますが、この小説も淡々と物語が始まり淡々と進行し、淡々と終わる、いつもの片岡ワールドです。読むにもそう時間はかかりません。ただ、随所にほんとうにバイクに乗ってツーリングをしたことのある人でないと分からない経験が織り込まれていて、頷かされる箇所もあります。

 バイクを売却することになった際、ほとんどの片岡義男の小説は処分してしまいましたが、この本は処分しませんでした。処分するには何かが引っかかったようです。「想い出」という、将来においては、宝物でありながら処分に困る場合もある、やっかいな財産と、登場人物達が上手につきあっているように思えたのかも知れません。

 寝る前に、安楽椅子にでも座って気楽に読むには、とても良い本だと思います。 

角川文庫 絶版(古本屋で探してみて下さい。)