ソフトバンクのCM

 私は断然犬派なので、ソフトバンクの携帯電話を使っていないにもかかわらず、北大路欣也さんがお父さん犬の声をあてている、ソフトバンクの連作CMは結構好きである。白い日本犬である「お父さん犬」は、どうやら北海道犬らしいが、私も昔、実家で「お父さん犬」によく似た真っ白な紀州犬を飼っていたため、非常に親近感を覚えてしまう。

 旅に出たり、いろいろあったものの、お父さん犬は、結局黒幕?の大滝秀治に目をつけられ、上手く乗せられた結果、選挙に出ることになったようだ。近々行われる参議院選をもCMの背景に取り込んでしまう広告会社のたくましい商魂には脱帽だが、悔しいことに、6月3日・7日・20日放送開始分のCMの選曲が良い。

 音楽:千住明 と表示されているだけで、曲名はCMでは分からない。

 しかし、一度聞いただけで、あっ、どこかで聞いたことあるな、格好いい曲だな、なんだっけな、という気にさせる曲だ。視聴者にそう思わせただけで、このCMに関しては、もう広告会社の勝ちだろう。大量に流されるCMの中で、視聴者の気を引き止め、興味を持たせたのだから。

 正解は、NHK大河ドラマの「風林火山」のテーマ曲だったようだ。

 誰もがみんな知っている曲を使うよりも、どこかで聞いたがすぐには思い出せない曲を使って、興味を持たせる制作会社の選曲センスに、私は素直に脱帽せざるを得ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です