ジョン・マーティン 「神の大いなる怒りの日」 追記~ 2010年03月04日投稿

2020年3月9日 0 投稿者: sakano

 (3月4日追記)

 3月3日のブログで紹介した、ジョン・マーティンの「神の大いなる怒りの日」であるが、これはヨハネの黙示録第6章の、以下の部分を描いたものとされている。

 6:12第六の封印を解き給ひし時、われ見しに、大なる地震ありて日は荒き毛布のごとく黒く、月は全面血の如くなり、 6:13天の星は無花果の樹の大風に搖られて、生り後の果の落つるごとく地におち、 6:14天は卷物を卷くごとく去りゆき、山と島とは悉とくその處を移されたり。 6:15地の王たち・大臣・將校・富める者・強き者・奴隷・自主の人、みな洞と山の巖間とに匿れ、 6:16山と巖とに對ひて言ふ『請ふ、我らの上に墜ちて御座に坐したまふ者の御顏より、羔羊の怒より、我らを隱せ。 6:17そは御怒の大なる日既に來ればなり。誰か立つことを得ん』

Follow me!