空の道

2020年3月6日 0 投稿者: sakano

 私は、実は高所恐怖症である。

 海外の観光地では安全対策が甘いから、崖っぷちなんかには間違っても近づかない。高層ビルの窓際には、よほど安全だと思えるところ以外は、できるだけ近寄らない。そうでなくても、歩道橋を渡るときでも、できれば真ん中に近いところを歩くようにしてしまう程である。

 ところが、高所恐怖症とは矛盾するようだが、私は、かつてパイロットに憧れていたし、母校の京大では体育会グライダー部でエンジンのないグライダーを飛ばしていたくらいなので、空と飛行機が大好きなのだ。

 だから、飛行機に乗ったときは、ずっと洋上飛行である場合を除けば、可能な限り窓際を指定して、空から、移りゆく地球の雄大な景色を堪能するのが常である。

 かなりの頻度で外を見ていないと分からないかもしれないが、実は結構な確率で、窓の外にすれ違ったり同じ方向に飛ぶ飛行機が見えたりするのだ。空にも、電波などで誘導されている大体決まった航路があるのだろうし、自分の乗っている飛行機もその空の道を飛行しているのだから当たりまえかもしれないが、意外に気付いている人は少ないように思う。

 飛行機に乗っている間は、休息に充てている人も多いと思うが、なかなか高度1万メートルから地球を眺める経験はできないだろうから、ときには機内エンターテインメントのヘッドホンを外して、地球の姿を見つめてみるのも、良いのではないかと思うのである。

空の道~シベリア上空

 

 

Follow me!