平山正剛前日弁連会長の秘策?~ 2008年06月27日投稿

2020年2月21日 0 投稿者: sakano

 大阪弁護士会の就職説明会が近々行われるそうです。

 情報によると、就職希望者数と募集人員数を比べると、圧倒的に就職希望者数が多く、修習生にとって相当悲惨な状況が予想されています。

 私が昨年の11月9日のブログに書いたとおり、平山正剛前日弁連会長は、昨年10月29日の日経新聞で、「就職は2010年まで大丈夫」と、大見得を切っていました。

 平山前日弁連会長は、何を根拠に就職は2010年まで大丈夫などと明らかに事実と異なる発言をしていたのでしょうか。嘘つきだったのでしょうか。それとも、退任後わずか数ヶ月後のことも予測できない人だったのでしょうか。はたまた、秘策があったのでしょうか。

 私としては、弁護士全体のことを考えて日弁連会長になられたはずの平山前会長が、嘘つきだったとか、数ヶ月後のことも予測できない人であった、などとは思いたくないので、おそらく、平山前日弁連会長は、就職難を解決する秘策をお持ちなのだと考えるしかありません。

 就職が大変な方達は、平山前日弁連会長に、2010年まで就職は大丈夫だという、就職難解決ための魔法の秘策を問い合わせてみても良いのかもしれませんね。

Follow me!