全国地裁ワ号事件新受件数について(広島・福岡高裁管内)~2015年3月 3日掲載

2020年2月4日 0 投稿者: sakano

(前回ブログの続き)

今回は、広島高裁管内、福岡高裁管内で全国地裁ワ号事件新受件数の推移を示す。

☆広島高裁管内☆


 ☆広島地裁管内
 4527件(H21)→2367件(H26)       ▲47.71%
 H26弁護士1人あたりの事件数              4.5件

☆山口地裁管内
 2726件(H21)→1137件(H26)       ▲58.29%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.6件

☆岡山地裁管内
 3266件(H22)→1761件(H26)       ▲46.08%
 H26弁護士1人あたりの事件数              5.0件

☆鳥取地裁管内
 1259件(H21)→493件(H26)        ▲60.84%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.3件

☆松江地裁管内
 1140件(H21)→359件(H26)        ▲68.51%
 H26弁護士1人あたりの事件数              5.2件


☆福岡高裁管内☆

☆福岡地裁管内
 10971件(H21)→6392件(H26)      ▲41.74%
 H26弁護士1人あたりの事件数              5.9件

☆佐賀地裁管内
 2170件(H21)→754件(H26)        ▲65.25%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.9件

☆長崎地裁管内
 2789件(H21)→992件(H26)        ▲64.43%
 H26弁護士1人あたりの事件数              6.3件

☆大分地裁管内
 2152件(H21)→938件(H26)        ▲56.41%
 H26弁護士1人あたりの事件数              6.7件

☆熊本地裁管内
 3169件(H21)→1575件(H26)       ▲50.30%
 H26弁護士1人あたりの事件数              6.4件

☆鹿児島地裁管内
 3064件(H21)→1428件(H26)       ▲53.39%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.8件

☆宮崎地裁管内
 2504件(H21)→910件(H26)        ▲63.66%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.4件

☆那覇地裁管内
 3399件(H19)→1740件(H26)       ▲48.81%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.0件

(続く:次回は仙台・札幌・高松高裁管内の予定)

Follow me!