全国地裁ワ号事件新受件数について(大阪・名古屋高裁管内)~2015年3月 2日掲載

2020年2月4日 0 投稿者: sakano

全国地裁ワ号事件新受件数について(大阪・名古屋高裁管内)

(前回ブログの続き)

今回は、大阪高裁管内、名古屋高裁管内で全国地裁ワ号事件新受件数の推移を示す。


☆大阪高裁管内☆

☆大阪地裁管内
 25092件(H21)→15103件(H26)    ▲39.81%
 H26弁護士1人あたりの事件数              3.7件

☆京都地裁管内
 5918件(H21)→4355件(H26)      ▲26.41%
 H26弁護士1人あたりの事件数              6.5件

☆神戸地裁管内
 10451件(H21)→6000件(H26)     ▲42.59%  
  H26弁護士1人あたりの事件数              7.4件

☆奈良地裁管内
 2071件(H21)→1165件(H26)      ▲43.75%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.4件

☆大津地裁管内
 1877件(H21)→1010件(H26)      ▲46.19%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.2件

☆和歌山地裁管内
 1364件(H21)→818件(H26)            ▲40.03%
 H26弁護士1人あたりの事件数              5.8件


☆名古屋高裁管内☆

☆名古屋地裁管内
 13214件(H22)→7792件(H26)     ▲41.03%
 H26弁護士1人あたりの事件数  4.6件

☆津地裁管内  
  2526件(H22)→1470件(H26)      ▲41.81%
   H26弁護士1人あたりの事件数              8.5件

☆岐阜地裁管内
 2675件(H21)→1304件(H26)      ▲51.25%
 H26弁護士1人あたりの事件数              7.2件

☆福井地裁管内
 1189件(H21)→550件(H26)       ▲53.74%
 H26弁護士1人あたりの事件数              5.6件

☆金沢地裁管内
 1288件(H21)→754件(H26)       ▲41.46%
 H26弁護士1人あたりの事件数              4.5件

☆富山地裁管内
 1264件(H21)→626件(H26)       ▲50.47%
 H26弁護士1人あたりの事件数              6.1件

(続く:次回は広島高裁管内・福岡高裁管内の予定)

Follow me!